車は私たちの大事なパートナーです。そのくらい暮らしに必要なものになっています。買い物や送迎、それにレジャーなどで遠出をするなど活躍してくれることが多くあります。そんな車も過酷な条件下で使用されています。強い日差しや雨、酷暑や極寒などの悪条件にさらされています。当然、ボディだけではなくエンジンや駆動系、ブレーキなどの走行に関係する部分にもダメージを受けています。エンジンや駆動系はスピードのアップダウンに関係する部分なので消耗してしまいます。ブレーキもスピードを落とす際にブレーキパッドとローターの摩擦で速度を落とすので相当な負荷が掛かる部分です。車に異常があると命にかかわる重大な事故を起こしてしまう可能性がでてきます。安全に支障をきたすようなことが起こらないように、いつもよりも調子が悪かったり異音などが聞こえた場合には早急に整備工場に持って行って点検をしてもらい異常が見つかったら修理をしてもらいましょう。

自動車のシャフトブーツの修理

自動車のシャフトブーツが破損すると、中のグリスが飛び散るだけでなく、ベアリング部分に砂や水が入ってしまいます。当然、ドライブシャフトにダメージを与えることになるわけです。すぐに修理をしなくてはいけないわけですが、昔は修理工場に出すしかありませんでした。ドライブシャフトを取り外さないと、シャフトブーツを交換することができないからです。これは、DIYではかなり難しいでしょう。しかし、最近は分割式のリペア用シャフトブーツキットが市販されるようになりました。これのおかげで、DIYでもシャフトブーツ交換ができるようになったわけです。とは言え、初心者には少し難しいかもしれません。技術的には中級レベルと言ったところでしょう。しかし、慣れれば20分程度で作業を終えることができます。まずは、挑戦してみましょう。

車のヘッドライトの曇りは修理工場に頼るまでもない

最近は、洗車に役立つグッズがたくさん登場し、楽に洗車ができるようになりました。中でも、高圧洗浄機の人気は非常に高いです。しかし、高圧洗浄機でエンジンルームを洗うときは、気を付けなければいけないことがあります。リフレクターとレンズを貼り合わせているの間に水が入らないようにしなければいけません。この間に水が入ってしまうと非常に厄介です。簡単には出て行ってくれません。そして、ヘッドライトが曇ってしまうわけです。ヘッドライトを取り外せばいいと考えるかもしれませんが、光軸の調整が必要になるのであとで面倒なことになります。とは言え、修理工場に出すほどではありません。ヘッドライトボディの上側に、5mm程度の穴を開けましょう。換気口をつくるわけです。大胆な発想と思うでしょうが、これをやっている人は結構います。

車にお金はかけたくないけど、へこんだ車はみっともなくてイヤ!そんなときに頼れる激安修理です。 車の修理価格の激安への挑戦により、お客様の愛車のお手入れを、激安価格にて提供させて頂ける事が他社との違いです。 修理・塗装のビフォア・アフターをブログで紹介中!作業の工程を紹介しています。 薄利多売がモットーです。たくさんのお客様にご利用いただくために努力は惜しみません。 車の修理が必要になった方に