ゴム糊接着剤は、スニーカーの靴底がめくれたときや革製品を補修するのによく用いられ、今や人の暮らしに欠かせないアイテムとなっています。現在では、車の修理の定番アイテムにもなっており、修理工場やディーラーには必ず常備されています。かつては、ゴム糊接着剤と言えば、黄色いボンドと言うイメージがかなり強かったです。しかし、現在では透明なものが普通に売られるようになり、そのメリットの大きさにありがたさを感じている人もたくさんいます。透明ですから接着した部分がほとんど目立ちません。車の修理に使うときは、かなり重宝するでしょう。また、昔の黄色のボンドと比べると、2倍ほど接着力が高いそうです。そんなにも利便性が高いのに、価格は150円もしません。プロが手放せないアイテムとして、ゴム糊接着剤を挙げるのも納得できます。

車をちょっと修理するだけでも

車をちょっと修理するだけでも、油脂で手が汚れることはよくあることです。それに抵抗があると言う人は、手袋をつけましょう。車を自分で修理するなら、手袋にこだわらなければいけないと言われることも多いです。作業用手袋と言えば、白い軍手がすぐに浮かぶでしょうが、それだけではありません。色々タイプの軍手が存在します。革の手袋は持っておくと必ず役に立つでしょう。車には直接手で触ると怪我するようなパーツもあります。そう言うものをイジるのに革の手袋は欠かせません。厚みがある分、指先の動きが鈍くなるので、最初の内は作業がやりにくくなるでしょう。しかし、慣れてくるとあまり気にならなくなります。早く経験を積んで、その域に達することです。さらに、ゴム手袋も大事です。オイル汚れから手を守ってくれます。それぞれを揃えるようにしましょう。

車の修理や整備に欠かせないのはパーツクリーナー

愛車の修理や整備をできる限りDIYで行いたいと言う人は、パーツクリーナーを常備しておきましょう。これは非常に重宝するアイテムです。元々、パーツクリーナーはブレーキに付着したグリス汚れを落とすのに用いられていました。しかし、スプレーするだけで油汚れが落ちると言う手軽さと洗浄力の高さから、色々なパーツに使われるようになりました。今では、プロの板金塗装業者でも普通に使われています。あまりにも簡単に油で汚れたパーツをきれいにできるので、色々なところに使いたくなるでしょう。さらに、こんなにも便利なアイテムなのに、数百円で手に入れられると言うのも嬉しい限りです。まとめ買いする人も少なくありません。しかし、保管には十分注意しましょう。缶が破裂することがあるので、40℃以上になるところに保管してはいけません。